中国人「石焼〜〜〜きいも〜」→wechat/アリペイ対応可


まだ現金使ってるの?

小売店、コンビニ、公共料金支払い、この辺りがwechatペイ/アリペイに対応しているというのはもう2年ほど前の2013年レベルの話かと思いますが、2015年の今、中国では路上の石焼き芋屋さんでさえもwechat/アリペイ対応に対応しているようです。

いくら電子マネー決済、O2O先進国の中国とはいえ、流石にここまで進んでいるとは!という驚きがあったので紹介します。


石焼き芋モバイル決済

発端は上海留学中の友人がfacebookに投稿したこの写真。

中国焼き芋電子マネー

これを私の運営する”日本語お兄さん”(@日本哥玩微博)のアカウントで「これまじ!?」と投稿したところ、フォロワーから下記のような反応がありました。

中国wechatペイメントアリペイ

wechatペイメントアリペイ


weibo中国人の反応

这很难吗?现在只要会玩手机都可以的啊…
これって難しいの?今は携帯さえいじれればできるっしょ。。。

我已经好几个月身上没带现金了,现在什么都可以支付宝,从家装到路边摊
もう何ヶ月か現金持ち歩いてない。今は家の改修から風呂敷広げて売ってる露天商まで何でもアリペイ対応だよ。

回家忘带钱包,问街边烧烤小贩能不能支付宝,人家回答:没问题~
家に財布忘れて、道端の串焼きさんに聞いたらOKだった

大哥这很正常啊!
兄貴、これは当たり前だ!

只要有手机,真的几乎可以做到不带现金。很多地方,甚至偏僻的地方,大叔大伯大妈大姨都会说:没零钱没关系,你支付宝转给我也可以。
携帯さえあればマジで現金なし生活もできそう。ど田舎でもOK。もの売ってるおっちゃんおばちゃんも「小銭がなくても大丈夫だよ、アリペイで入金してくれた大丈夫」って言ってる。

吃烧烤什么的都是微信支付了
路上の串焼き食べるときはいつもwechat決済使ってる

日本支付行业真的太落后了
日本の決済業界は遅れすぎだね

其实欧美用信用卡,但是我们的信用卡太麻烦了,所以催生了这些结果竟然比信用卡还方便了
欧米はクレカ使ってるけど、中国はクレカめんどくさいからwechatペイメント/アリペイが出てきた。で、クレカよりも全然便利だったという。

是的 门口麻辣烫支付宝还可以少付两块钱
そうだよ、うちの近くのマーラータンはアリペイ決済で2元(40円)割引があるよ

完全可以啊,卖主自己的私人账户。
完全にOK。売り手の個人アカウントに入金。

街边水果摊都能用支付宝呢
路上の果物売りもアリペイOKだよ

修自行车的老师傅也用支付宝
自転車修理のおっさんもアリペイ

できるわ〜 口座とバインドするからすぐ現金になるよ
(日本語でコメント)

今 外でいれば 携帯は全てだ!
(日本語でコメント)

当然可以啊 二维码就贴旁边 立马可以扫
もちろんOKだよ。QRコードが貼ってあるからすぐにスキャンして支払える

支付宝可以解决一切
アリペイで全て解決

吃面,打炮都可以滴
ラーメンもナンパもOK

日本乡巴佬
日本田舎っぺやん

日本は現金払い主義だよね。
(日本語でコメント)

把日本哥吓呆了
日本語お兄さんを驚かせてしまった

现在不是复印店都可以支付宝么
今はコピー屋さんもアリペイOKだよ

上周回深圳家看见炸麻花的可以用微信卖水果的可以用支付宝我也是惊呆了上周第一次用支付宝买了水果
先週深圳(広東省)で麻花(ねじねじの小麦食品)がwechat決済対応、果物がアリペイ対応になっててびびった。先週初めてアリペイで果物買った。→早稲田の学生さんが先週帰国してびびったという話

は。。はじめて見ました。
(日本語でコメント)
→在住地アメリカ

我也惊呆了
私もびっくりした→在住地日本

到外地赶时间附近又没有ATM机 从坐上专线大巴开始几乎都用支付宝和微信付款 就算没能直接付款说明情况店员也愿意帮我垫现金我再现场转账给他
ATMがなくて時間なくてそのまま遠出して長距離バスに乗ったとき、wechat決済もアリペイも対応してなくて、支払えないということに気づいて、店員さんに聞いてみたら、店員さんが手持ちの現金を払ってくれて店員さんに電子マネーで支払えた

中国wechatpayアリペイ

こちらは果物売りの写真(フォロワー提供写真)

恐るべしチャイナ。
とはいえ、今この劇的な変化のタイミングで中国国外に留学している方、生活している方はやはり知らないようですね。このあたりは要注意ですね。日本企業内の中国人だと知らないケースがほとんどで、帰国してびっくりという上記のコメントパターンが目に浮かびます。今話題の爆買い、インバウンド対応を日本在住の社内の中国人で!というのもこれでは厳しいかもしれません。


その頃日本では・・・

そういえば、今年の2015年10月の中国大型連休国慶節(中国建国記念日)で、爆買い対応として”ついにwechatペイメント導入!”というニュースがインバウンド界隈では話題になっていましたね。

大丸松坂屋、WeChat決済導入 中国観光客がスマホで支払い
実はこれより数ヶ月先に宝石販売の企業と、居酒屋でも導入事例があったようです。

wechat決済に関しては、滴滴打车,快嘀打车等のタクシー配車サービス(LINEタクシー)の浸透の様子を見ると、2014年、渋谷、六本木あたりでデート後にUBER使ってドヤ顔している頃、北京上海ではなく、地方都市の40歳50歳のおじさんおばさん層がフツーにwechat連動の配車アプリを使っているレベルで、私としてはかなり驚きだったのですが、この焼き芋電子決済の写真を見ると、 その頃中国では・・・といったところですね。

以上アジアビジネスなう
中国ビジネス周りだとこの辺の中国の発展っぷりはデータでも肌感覚でもご存知かと思いますが、爆買いブームに沸くインバウンド業界、そしてIT業界の皆さんも中国WEB/ソーシャル界隈は要チェックかと思います。アメリカを追ってきたITが、中国が一歩二歩部分的に進んでいるという現象も起きています。

石焼き芋電子決済で驚いたという方はアジアビジネスなうカテゴリ:【中国IT業界情報】をご覧ください。

facebookにいいアルね!( ・┏Д┓・)b
↓↓↓↓↓↓↓↓


コメント欄は閉じられています。