강남스타일 今、世界でキテル音楽をアジアから見る。


おっぱんガンナムスタイール!

皆さん、안녕하세요!

さて突然ですが、こちらのMVご覧になったことはありまスムニカ?
アジア力高めな皆さんはご存じですよね?
アジアとかもはや関係ないレベルになってますが。。。

YouTube Preview Image

 

ノリノリでイケイケでキャッチーなこの曲、実は今世界で 超人気のMUSICなんです。
再生回数は10/4時点で3億6千万回。
ここ数日では毎日1000万回以上再生されています。



 

UKチャート1位
iTunesチャート1位 
アメリカビルボードで2位

 



そしてお隣中国の微博でも盛り上がりを見せています。
検索総合ランキングで首位のホットトピックになっています。
オッパンカンナムスタイル という印象的なフレーズですが、
これが中国語では、

我爸干弄死他  Wo Ba Gan Nong Si Ta

(お父さんがやつをやっちゃった。)

我(私の)爸(父)干(f*ck)弄(してしまう)他(彼/彼女)
となり、こういった点も注目されている理由となっているようです。

タイのクラブでも、中国のにせもの市場でも、渋谷のBarでも、
もはやどこでもヘビロテされている音楽です。

 

さて、ここで本題。
日本ではK-POPがどうこう、というブロガーが多いところです。
しかし、私が気になったのはGangnam styleの語頭の[ㄱ]の弁別性についてです

弁別性!?なんぞ!?
”ん”という音を発してみてください。

はいっ。せーの   ”ん”

今の”ん”はどの”ん”ですかね。

例えば日本語話者にとって、”ん”は音素/N/として認識されます。
しかし、前後の音によって”ん”に別の音が用いられます。

①コンパ/m/
②はんこ/n/
③ 飛んでいく/ng/

”ん”がいろんな音で発音されています。

先程みなさんの”ん”は両唇を閉じた[m] だったのではないでしょうか。

 

朝鮮語においては[k]は語頭に現れ[g]は語中に現れる、つまり一つの音素の異音なのです。
しかし、Kangnamではなく、Gangnamなのです。

まてまて、朝鮮語のアルファベット表記でははgで表記されることを忘れてはいけない。
そうだ。これだとアルファベット表記にゆがみはない。

問題はだ、語頭の が[k]ではなく[g]で発音されていることだ。
わからん。語頭は[k]のはじゅなのに。。。

カムサハムニダ(ありがとう)は で始まり[k]で発音する。
ガンナムもカンナムのはずなのに。。。。

韓国の友人に訪ねたところ、これは[g]で発音するとのこと。
江 jiang 강  コウ  。。。。やめよう。
謎は深まるばかりであった。

 

馬ダンスを踊るか、この謎を解くか。

ひとまず馬ダンスを踊ってから考えるアル。

 

 




コメント欄は閉じられています。