Facebook新機能発表!中国人「コレ微信と同じアル」


2015年3月25-26日(米国時間)、Facebookのデベロッパー・カンファレンス「F8」が開催され、
Messenger Platform、Business on Messenger等の新機能が発表されました。

当日の動画は下記リンクから
Facebookメッセージチャット微信

日本語での概要説明はこのあたりのメディアがおすすめです。
◆techcrunch
◆東洋経済
Facebook、「メッセンジャー開放」の破壊力
さて、これに対する中国からの反応を見てみましょう。
微信wechatオフィシャル

・Facebook MessengerがWechat化
・Facebook、Wechatに学びプラットフォームを発表
・F8開発者大会、MessengerはWechatになる

今回の発表でいくつかの新機能が発表されましたがビジネス向けカスタマーサポート機能については、中国人としては既視感があるようです。というのも、ビジネス向けカスタマーサポート機能≒Wechat Public PlatForm(微信公众帐号)というサービスが2012年8月に発表されているためです。2013年初めには一般開放も始まり、企業個人を問わず多くの中国人がこの”自媒体”オウンドメディアを通じてブランディングからカスタマーサポート等のサービスを提供し、決済、タクシー予約、銀行口座管理、航空券予約、出前等の機能がメッセージチャット上で展開されています。
2014年12月のLINEpay,2015年3月上旬のFacebook決済機能追加の際にも当該領域で先行する中国マーケットからは同様の反応が見られました。
Facebook,wechat,lineとそれぞれの強みがありますが、facebookが握るは興味関心情報を含めた圧倒的な個人情報、今後が楽しみです。IT界全体として、アメリカ主導で先進的な事例が見えて出てきていましたが、メッセージチャット、ECを初めとした領域では中国で世界最先端の事例もどんどん生まれています。
以上、アジアビジネスなう!
Messenger   Business
Facebook メッセンジャープラットフォームの登録はこちらから。
登録は可能ですがまだ始まっていないようで、
”We’ll do our best to reach out soon”とのメッセージが表示されます。
 




コメント欄は閉じられています。