中国出張ひとりでできるもん【お金編】


 

~ドキドキ。初めての中国出張~

 

え!私が中国出張!?
海外旅行は行ったことあるけど、中国は初めて。
英語はわかるけど、中国語はわからん。

中国出張の注意点、必要な準備についてご紹介します。

中国出張両替
▼お金編

  1. 両替
  2. カード
  3. 領収書、出張費精算
 

▼三行まとめ

・両替は中国についてから。


・出張前にクレジットカード暗証番号の確認をするべし!

・お金を払ったら一言「ふぁーぴゃお!(発票)」

 

 

①両替

両替は中国についてから。
中国銀行=中国ホテル>中国空港>日本両替所>日本空港

中国銀行→並ぶかも。
中国ホテル→担当者がいないと翌日に。
中国空港→空港の場合、手数料50元がかかる場合も。
日本国内→レート悪い。

中国の空港に到着後、移動費+ちょっとした買い物用に6000円分(約300元)ほど両替して、残りに必要な額はホテルについてから両替。次回以降出張時のために300元分ほど残しておく。インターナショナルキャッシュカードやクレジットカードから現地通貨で引き出せますが、カード会社が設定したレートに約3%上乗せされるので、レート的にはよくないです。

中国出張両替

 

②カード

暗証番号の確認をするべし!

クレジットカード
支払いの際にサインだけではなく、パスワードの入力を求められることが多いです。5つ星ホテルはおそらく問題ありませんが、ランクの低いホテル、飲食店、スターバックス等では暗証番号の入力が必要なケースがあります。JCBがおすすめ。AMEXだと一人単価700円ぐらいのレストランで使えなかったりする。
三井住友銀聯カード
中国出張者には超おすすめのカード、私も使ってます。

1.便利
加盟店は国際クレジットカードの3倍。
中国人が一人数枚持ってるのはこのカード。

2.安心
クレジットカードではなくデビットカード。
暗証番号とサインのダブルチェック。

3.楽。
大金を持ち歩く必要がない→残金を気にしなくていい。
日本の口座から引き落とし。

中国出張銀聯カード

 

③領収書、出張費精算

お金を払ったら一言「ふぁーぴゃお!(発票)」

領収書ください。
「ふぁーぴゃお!(発票)」

タクシーで、ホテルで、レストランで。。。

とにかく「ふぁーぴゃお!(発票)」

このときに何か言われたら、それはおそらく
「单位吗?个人吗?」だんうぇいま?ぐーれんま?
会社?個人?どっち?ということなので、名刺を見せるもしくは紙に会社名を書けばOKです。
領収書がない、なんてこともよく起こりますが、その辺はチャイナルールということで仕方ないです。。。経費精算時に詳細を記入しましょう。

出張から帰ると、経費精算です。
両替時のレートをもとに、経費を記入していきます。
TTM,TTS,TTB等いろいろありますが、この辺はググりましょう。
再両替時の差損等は海外出張手当で目をつぶるケースが多いようです。
レシート通りの人民元の金額を記入して、それに両替時のレートをかければOKですね。

中国出張発票ふぁーぴゃお

 

 

中国出張ひとりでできるもん【お金編】
~ドキドキ。初めての中国出張~

 

これで中国出張の「お金編」はクリア!
それでも不安なら、このBGMを聞くアル( ・┏Д┓・)b

http://www.youtube.com/watch?v=paOVevjKI0g

 

アジアビジネスなう!

 

お知らせ( ・┏Д┓・)b

 






コメント欄は閉じられています。