ミャンマー人が日本に溢れるかもしれない件について


1月15日からミャンマー国民への数次ビザ発給が始まりました。

(参考)ミャンマー国民(一般旅券所持者)に対する短期滞在数次ビザ

対象者 :  一定の要件を満たし,ICAO標準のMRP(機械読取式旅券)又はIC一般旅券を所持する者
滞在期間 :  15日
有効期間 :  最大3年

外務省ウェブサイトより

ミャンマー観光

主に観光分野と、ミャンマー人ビジネスマン向けですね。

通常、訪日外国人数は日本政府観光局JUNTOが公開している月次の統計データから推移をみることができますが、ミャンマーが来日者が少ないせいかデータが表示されていません。影響は限定的で、将来に向けてといったところでしょう。

ビザといえば、タイ人に対する訪日ビザの免除による訪日観光客増加や、東北や沖縄に滞在することで発給される中国人向けの数次ビザ等が観光業界を中心に話題になりましたね。タイ人の訪日ビザ免除の影響か、最近新宿あたりでタイ人を見かける事が多くなりました。

タイ人数次ビザ
中国人沖縄数次ビザ
中国人東北数次ビザ

※在留カードの制度が始まってからは、留学生等の中長期日本滞在者は自由に行き来できるようになっています。

旅行客に人気のドンキホーテでは、日本語、英語、中国語、韓国語に加えて、タイ語でのアナウンスも行われています。訪日ミャンマー人が増えても、ミャンマー語対応する機関は皆無だとは思いますが、せっかくの機会なので、ミャンマーに興味がある方は是非ビルマ語(ミャンマー語)を学習するいいアル( ・┏Д┓・)b

ミャンマー語学習難易度

「秒速でミャンマー語をしゃべる男」ミャンマー語まとめ
http://iyota.asia/burmes/

 

アジアビジネスなう!

訪日インバウンドは日本の政府戦略の重要課題。
アジアからの訪日観光がアツイ!




コメント欄は閉じられています。