アジアビジネスなう!今週の厳選ニュース5選【9月第一週】


アジアビジネスなう!が選んだ今週のおススメニュースTOP5【9月第一週】

 


ヤフー中国版が9月1日に停止
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM3102A_R30C13A8FF8000/

中国のyahooメールは昨年ごろからサービス停止のお知らせが来ていましたが、
yahoo丸ごとサービス停止なんですね。
早い段階から中国市場に目を向けていましたが、百度(ばいどぅー)がやはり強いようですね。
日本語でいう「ググれカス」のように、検索したらわかるという中国語の有名なフレーズに、
「百度一下就知道」(ばいどぅーいーしあじうちーだお)
百度で調べたらすぐわかる。というものもあります。

yahoo,楽天,DeNAと中国撤退が相次いでいます。
3つの日本企業の中国撤退の共通点について分析したいと思います。

 


中国Eコマースマーケット71%成長中→2013年中にアメリカ超え
http://www.reuters.com/article/2013/08/28/net-us-china-ecommerce-idUSBRE97R0GT20130828

-コメント
数字は忘れましたが、小売業のうち、Eコマースの占める割合に驚いた記憶があります。
中国でEコマースと言えば、淘宝(たおばお)と天猫(Tモール)。
この淘宝(たおばお)上で日本製品の個人貿易によってお小遣い稼ぎをしている中国人留学生もたくさんいるアル( ・┏Д┓・)b
中国人の商魂には関心しますね。すごい。

 


アドウェイズ、東南アで成果報酬型広告
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO59270980U3A900C1TJ2000/

-コメント
日本のインターネットユーザー数は2011年末で9600万人(総務省調べ)
インドネシアの人口は2.4億人。インターネット普及率23%で5500万人。
※タイ-6900万-35%
※マレーシア-2800万-63%
※フィリピン-9400万36%
※ベトナム-8800万-38%
大きなマーケットと発展発展可能性。このデータを見ると、アジアでITと言ったらインドネシアを目指すしかないですね。
廉価なスマホの普及でモバイルインターネット普及率も高まり、今後さらなる発展が期待できるでしょう。


2013年中国大学ランキング発表
http://cuaa.net/cur/2013xj/03.shtml(中国語)

-コメント
安定の1位北京大学、2位清華大学。
北京大学の日本語学科って実は毎年20人しかいないアルヨ( ・┏Д┓・)b
→北京大学についてまとめた記事です。http://social-recruiting.asia/china/china/pekinuniversity/

 


中国微博デマを流すとシェア不能に-信用ポイント制導入で強まる情報統制
http://epaper.bjnews.com.cn/html/2013-08/31/content_462048.htm


-コメント
今回、微博の利用規約変更によって、フォロワーの信頼度をポイント化し、ポイントが一定値を下回ると情報の共有禁止、タイムライン上での情報の発信の禁止等の施策が開始される。
投稿内容に基づく信用の度合いによって実質的にはアカウントの凍結を受ける可能性があり、今後の微博上での言論に大きな影響を与えることになるでしょう。
微博上での情報拡散によって、削除されるまでの一瞬の情報の拡散によって、一瞬の言論の自由を獲得した中国でしたが、その爆発的な情報拡散の元となる、個人、インフルエンサーにとっての不利益を明確に提示することで、今後の微博上での情報拡散に致命的なダメージを与えるになるのではないかと思います。むろん、微博ユーザー5億人が日常的に言論の自由について考えているわけではありませんが・・・

 

 

アジアビジネスなう!




コメント欄は閉じられています。